information

お問い合わせボタン

エクイナス(足関節背屈不全)


ふくらはぎ(足)の痛み治療と改善策:エクイナス(足関節背屈不全)

2015/5/25

calf

新潟県長岡市の整体 長岡ヘルスケアプラクティス代表の近藤です。

みなさま、こんにちは。今回はふくらはぎの痛み、膝等の足の痛み、しびれ、むくみ、腫れを引き起こすエクイナスについての治療法と改善策を説明したいと思います。

 

1.ふくらはぎ(足)のエクイナスとは?

足関節に上へ曲げる際の制限がかかり(背屈制限)、足の指先を足に向かって動かしづらい方に見られる症状です。

いわゆる”ふくらはぎが硬い”状態であり、この症状で危惧しなければいけないのは、この”ふくらはぎの硬さ”がもたらす“代償運動”という動作です。ふくらはぎが硬いということは、足関節の動きが制限され、足の他の部分、または反対の足への負担をもたらします。また、歩く際に足の蹴り出しが早くなります。このような代償行為により、今度は拇指にストレスがかかる場合もあります。先ほど申し上げたように、足先を上げることが難しいので十分な歩幅を得られず小股で歩く方も見受けられます。以外に思われるかもしれませんが、”ふくらはぎが硬い”という状態が様々な弊害をもたらします

2.ふくらはぎ(足)の痛みの原因

前段症状の紹介で申し上げた通り、このふくらはぎの痛み等の症状を起こす足関節の背屈制限の原因としては、上の写真(右足を後面と右側から見た図)でみるふくらはぎの筋肉(腓腹筋Gastrocnemius,ひらめ筋Soleus,),またはアキレス腱Achilles tendonの柔軟性の欠如が考えられます(すいません。図のアキレス腱の英語のスペルが間違っています)。 この症状には先天的なものや、生活習慣が大きく関わっている(たとえばハイヒールをよく履いている)と考えられます。これが様々な足、ふくらはぎの痛み、しびれ、むくみ、腫れを引き起こす原因となります。

たとえば、当院にお越しになられる方にも歩幅が小股で膝に痛みを抱えている方がこのふくらはぎが硬く、ふくらはぎに痛みがある症状であったり、長年ハイヒールを履いてご活躍されていた方も、足の変形(外反母趾等)とともにこのような足の背屈制限が見られます。すなわち、後天的理由としてふくらはぎの部分の収縮(つま先で立つような動作)により多くの時間がかかる動作を日常で行っている方にこの傾向が強いようです。

a1180_009506_m

 

3.エクイナスによって起こりうるふくらはぎ、足の痛み(症状)

以下のような症状が現れます。

足のだるさ

足裏筋膜炎 Plantar fasciitis

ふくらはぎのむくみ

中足骨痛Metatarsalgia

扁平足 Flat foot

前足部の痛み

シンスプリント Shinsprint

 

4.このふくらはぎ(足)の痛みの治療と改善策

では、このような症状になっていた場合、どうすべきか次のような対応策が考えられます。

  • 柔軟性、筋力の向上

背屈制限(足先があがらない)の原因となるふくらはぎの部分の筋肉の柔軟性と足の筋力をバランスよく向上させる必要があります。

  • インソール処方

足のアーチの形状を整えることにより、場合によっては背屈制限が軽減されます。かかと(踵骨)を安定させ、足の動きそのものが改善され、結果エクイナスから起こる症状が改善する場合もあります。

 

このような対策は当整体院でも行っておりますので、ご本人、ご家族でこのような症状にお悩みのかたはご連絡ください!

足・腰・膝の痛み改善専門の整体院です!

新潟県長岡市の整体「長岡ヘルスケアプラクティス」

ご予約・お問い合わせは今スグこちら

0258−84−7066

受付時間:朝9時〜夕方5時

休院日:日曜日


 

PageTop