information

お問い合わせボタン

シンスプリント


シンスプリントの治療と改善策:ふくらはぎの痛み

2015/8/9

新潟県長岡市の整体 長岡ヘルスケアプラクティス代表の近藤です。

今回はふくらはぎに痛みが発生し、症状が慢性化するシンスプリントについて説明致します。

DSCF6086

1.シンスプリントとは?

シンスプリントとは脛骨(shinborn)周辺に痛みを引き起こす症状で、特にアスリートにその兆候が現れます。

2.シンスプリントの症状

ランナー等、アスリートに多いこの症状は脛骨(すね)の内側部に発生するふくらはぎの痛みであり、強度の高い運動等によって脛骨粗面に付着する筋肉、腱が炎症を起こすものと考えられます。

 

3.シンスプリントの発生箇所

DSCF6086

上の図をご覧ください。右足を正面から見た図ですが、脛骨Tibiaの内側部赤く示す部分が慢性的に痛みを伴う場合をシンスプリントShin-sprintsと呼びます。

5.シンスプリントのその原因

では、なぜこのような症状が発生するのでしょうか?下記のような原因が挙げられます。

1)前段2でも述べた強度の高い運動

2)トレーニングメニューの変更

3)筋の柔軟性低下

4)筋力の低下

5)足に負担のかかる硬いサーフェスでの走行、運動

6)足のアーチが低い方

 

5.シンスプリントの治療と改善策

このような症状に対して、次のような改善策が考えられます。

  • RICE処方

まずは痛みを除去する為にしっかり休む、そして患部を冷やすことが有効な手段です。ここでの圧迫Compressionや、挙上Elevationは適切な手段とは言えないので省略致します。

  • ふくらはぎ(下腿)のストレッチ

後脛骨筋と呼ばれる筋肉の炎症と考えられるこの症状に対し、まずは前段1)のような対応でふくらはぎの痛みを沈静化させ、その後、同じ部分の柔軟性を高めるストレッチを行うことが適切です。これらは少なくとも20秒じっくり、じんわり行ってください。

下段下の写真は後脛骨筋のストレッチとなります。シンスプリントの発生するこの筋の起始、下腿間膜interosseous membrane 周辺から、足底にかけてストレッチできます。またヒラメ筋のストレッチともいえます。足底に力を入れずに行ってください。

soleus sytetching 2soleus stretching 1

 

  • インソールと靴の正しい選択

前段、4の改善策にも指摘している通り、足のアーチが低い方はこのようなふくらはぎの痛みを引き起こしやすいタイプといえます。アーチが低い方は足が回内という状態を長く維持し、結果様々な足の不具合を発生させます。シンスプリントもその一つと言えます。ですから適切なインソールと靴の処方は必須です。

  • メニューの再考

過度な運動もそうですが、急なメニューの変更がふくらはぎの痛みをもたらしている場合も考えられます。ですから痛みの原因となる要素を除去する為にも、メニューを再考することも大切な改善策です。

 

6.シンスプリントに関して当整体院で出来ること

当院では、前段5で述べた改善策全て対応可能です。個人の運動歴、競技歴等に合わせた施術を行い慢性化したシンスプリントの症状を改善致します!また、患者様がお家で出来るようなストレッチや、身体の動き等もご指導させていただきます。また運動療法に関してもご指導が十分可能ですのでご相談ください!インソールや靴の選択に関しても歩行チェックも含めて総合的に判断し、対応致しますのでご安心ください。この症状でお悩みの方は早めにご連絡いただければと思います。

足・腰・膝の痛み改善専門の整体院です!

新潟県長岡市の整体「長岡ヘルスケアプラクティス」

ご予約・お問い合わせは今スグこちら

0258−84−7066

受付時間:朝9時〜夕方5時

休院日:日曜日

Improving Your Functional Ability by NHP


 

PageTop