information

お問い合わせボタン

ホーム > 足のしびれと股関節痛

足のしびれと股関節痛

head_img_main

ヘルモア・クチコミランキング

ハワイ最大級の日系新聞に掲載!院長の近藤が足元のケアを指導しました

ケーブルテレビNCTの「店長の休日」に出演いたしました

flow_arrow_s

番組出演キャンペーンで初見料金2000円オフ!

初回割引

 

カラダの不調は、あなたの「足」が整っていないことが原因です。

アメリカ(ハワイ)のクリックで、現地の医師に指導をさせていただきました!

 

みなさま、こんな悩み1つでもお持ちでありませんか?

icon_check01足がしびれて、、、

icon_check01姿勢がなんだか傾いている気がして、、、

icon_check01既にカ所で見てもらったけど、なんだかよく分からなくて、、、

icon_check01歩くのもおっくうです、、、

icon_check01もっと楽に歩けるようになりたい!

icon_check01いつのまにか、気分がふさぎ込みがちになってます、、、

 

足のしびれと股関節痛を改善した方の動画です!

初回来院時

  1. 姿勢の前傾
  2. 身体が右側に傾き
  3. 左足の捻れ
  4. 足幅(歩隔)の開き

半年後

定期的に来て頂くことと、ご指導させて頂いた運動療法によりここまで変わりました。股関節痛、腰痛、そして足のしびれも無くなったそうです。まだ完璧ではありませんが、順調な改善具合です。

以前は歩くことがおっくうになっていたそうですが、現在では当院までの10−15分も歩いていらっしゃいます。また、周りからは”姿勢が良くなったね!””やせましたね”と言われるそうです。

足のしびれ、股関節痛の原因は?

足のしびれのほとんどは腰部の圧迫に起因します。そして股関節痛が併発の場合、次のような症状が上げられます。

足のしびれと股関節痛の併発原因として次のようなものが上げられます。

  • いわゆる“股関節がかたい“という状態。

股関節がかたい、という表現を説明すれば、股関節の可動域が小さい(狭い)ことを意味します。内ももの筋肉の柔軟性が低下している(硬い)場合、内転筋群の柔軟性を改善する必要があります。

  • 股関節周辺の筋力強化と柔軟性向上

前段(1)と重なりますが、股関節の動きを妨げる(制限する)筋肉のコリは痛みをもたらします。股関節周辺部分(特に内旋、外旋筋群)を柔らかくしておくことは重要です。

  • お尻周りの筋力不足

お尻(骨盤、股関節)を支えるお尻の筋肉の強化(特に中臀筋)は、その土台の上にある腰部の安定にも必要不可欠です。左右で筋力や柔軟性が極端にアンバランスであったり、筋力低下が著しければ、腰部にも負担がかかります。結果腰椎の神経を圧迫し、足のしびれをもたらすのです。

 

  • 太もも裏(ハムストリング)がかたい

太ももの裏側がかたいと股関節周りの柔軟性に影響します。また、骨盤を引っぱり腰椎を緊張させる恐れがあります。

  • 足元からのバランス力低下

土台(足元)が安定しないとその上部に位置する股関節や腰も安定せず、腰を支える筋肉(脊柱起立筋群)に過度な緊張を与えます。

DSCF5699

上の図は身体を後ろから見た図です。左足のように、足元が安定しないと、膝や股関節、腰に様々な弊害をもたらします。股関節は腰と密接な関連性があるため、マイナスの影響も大きいのです。

 

足のしびれと股関節の併発の改善策は?

このようなつらい足のしびれと股関節の併発に対する改善策はどのようなやり方で行えば良いのでしょうか?

  • 身体を十分に温めた上での始動(warm-upの重要性)

757fc401076e5b019f40abb3e1e3446f_s

体温を温かくして、関節、筋肉への負担を減らすことは、日々の習慣として大切です。体温が上昇すれば、筋肉の弾性が高まり腰部、股関節への負担も当然軽減されます。ちなみに体温を高めることに対して、特に何をすれば良い、という定義はありません。冬ならカイロ、お風呂でも良いです。ちなみに、私はカイロを貼る、お風呂以外にも、餅を食べたり、温かいものを飲んだり、体温を上げる為のちょっとした日々の心がけが必要です。

  • 股関節周辺の柔軟性強化

前段(1)で述べた体温を滝度に上げたあと、股関節痛の原因の一つである内旋筋群を柔らかくする運動が効果的です。

ⅰ片足の上にもう片方の足首を置き、その足の膝を身体の外側に開いて下さい。できれば、軽く開いて膝に手を当て軽く押して下さい。20秒以上ゆっくり、じっくりこの動作を行います。

ext hip jt

ⅱ.両膝を身体の中心から床に向けて倒して下さい。これを10−20回行います。床に寝たうえで同じ動作を行うとより水平面に対する股関節外転、内転の機能が改善されます。

DSCF6325DSCF6324

  • お尻の筋肉の強化

足元(土台)と股関節を安定させることが、その上に位置する腰も安定させることにつながります。

  • 足元のバランス(安定性)の改善

やはり、足元からのバランス力を改善させることは必須です。私が主催している歩行講座Eco Walk Methodでも、歩きやすくするためには足元のバランス力が大切と説明しています。歩きやすい身体と腰や股関節に痛みの起きにくい身体は公式としては一緒と考えて頂いて構いません。

ちなみに足元から安定性の改善させる方法として、次のような簡単にできる運動療法をご紹介します。

  • 片足立ち

やり方は簡単です。片足を上げて30秒近くその状態が可能か試して下さい。できない方はテーブルや壁に手を置いて行って下さい。足元のバランス感覚を整えていきます。

  • 前後振り子運動

DSCF6339DSCF6338

足を肩幅に広げ、身体を膝、腰を曲げずに前後に倒します。後ろは最初のたった姿勢にもどるイメージで大丈夫です。こちらは10−20回を目安に行います。足元の安定性を高め股関節、腰への負担を減らしていきます。

  • 背中、腰の改善運動

背中(腰含む)の動きをより柔軟にすることが腰(足のしびれ)、股関節への負担も軽減させると考えます。ご紹介する動画は私が日常生活で行っているルーティンですが、腰や股関節の動きを改善する、痛みを防ぐ為に非常に効果的です。また足の痛みや、膝の痛みの改善、予防にも効果的です。是非参考になさって下さい。

足のしびれと股関節痛の併発に対する当院の治療と改善策

当院では前段で述べた改善策全てに対応可能です。これに加えて腰部、股関節の可動域チェックや歩行を見て、どこに痛みの原因があるか正確に探っていきます。その為にも、お客様のこれまでの職歴、運動歴なども考慮して総合的に判断して、施術致します。また前段でご紹介したセルフで可能な運動を個人の状況に合わせた内容でご指導させて頂きますのでご安心ください!

今回ご紹介した様々な手法も私がご用意できる技術の一部です。あなたに合った技術を提供させて頂きます。

足のしびれと股関節痛の併発はツラいものです。各症状が慢性化する前に是非当院へご連絡ください。

 

推薦文をいただきました!

近藤先生の提唱する足元からの調整は科学的にも理にかなっています。

ホノルル聖ルカクリニックの医師 Seiichi Nakamura氏

nakamura-nurse-practitioner

近藤先生の提唱する足元からの調整は科学的にも理にかなっています

また、米国の大学での専攻科目の修得はとても難しく、卒業学位のあることは強力な信用です

当クリニックでも歩行不全、膝痛、腰痛、股関節痛等の患者向けの指導して頂き、患者への有効性が顕著に認められています。

日本でまだなじみの無い歩行分野での啓蒙もミッションとしている近藤先生の処方を強くお勧め致します。


 

これだけの実績と技術力がある先生は、正直、なかなか出会えません。

関西自律神経協会 関西技術顧問講師 大阪支部長 平井大樹先生

関西自律神経協会の平井大樹先生

私は、大阪で整骨院を経営しながら自律神経協会の関西技術講師をしています。

近藤先生は、日本ではほとんど進んでいない歩行学や足病学を海外で学び、ハワイのクリニックで運動指導、マニュアル作成、監修もされた実績があります。

これだけの実績と技術力がある先生は、正直、なかなか出会えません。

人柄も素敵な先生です。安心して通ってくださいね。


 

足元から診断調整をしていくのでその効果の高さを実感できる。

柔道整復師、鍼灸マッサージ師 三鷹ハートフル訪問マッサージ
院長 久保田泰博


近藤先生は、海外でも解剖学や生理学等を学ばれ、一人ひとりの患者さんをじっくり診てくださる先生です。足元から診断調整をしていくのでその効果の高さを実感できると思います。また、治療に対する哲学をしっかりお持ちで真剣に患者さんのことを考えられていることが話される内容からも伝わってきます。いつも勉強熱心で、日々の向上心を忘れることのない、数少ない先生だと思います。痛みに悩むときだけでなく、トレーナーとしてあなたの日々のコンディショニングのためにもぜひお勧めします。きっと地元にこんな方が戻って来てくれて良かったと思わせる先生ですよ。

 

選ばれている6つのポイント

人間の身体の根底である足から診る診断で根本から改善します

人間が二足歩行である以上、身体の改善は足から見ないといけないと思いませんか?

 

家を建てるときに土台が安定していないと2階、3階はますます不安定になりますよね。それが人間なら膝、腰、肩、頭となるわけです。

歩行チェック、身体動作チェック等を行い、的確な診断、精度の高い整体を行いあなたの土台から変えていきます。一切揉むことなく、ストレッチ療法、運動療法、徒手抵抗療法で膝痛、腰痛、肩こり、足でお悩みの方、可動域制限、事故障害等の痛みを改善していくと同時に、お客様の姿勢を改善していきます。つまり、私の整体により痛みの起きにくい効率の良い身体を作り上げていくことになります。

 

最終的にご自身でセルフメンテナンスできるようにご対応

将来的にお客様にセルフコントロールできる身体にしていただくのもポイントです。

つまり当初の痛みが0から10(0が何も痛み無く、10が最悪の場合)その痛み具合を最低2-3まで改善させる。もしくは理想の動きになるまで改善させていきます

改善具合はお客様の個人差によりますが週一回を5回-10回のペースで通院していただき、その間にこちらから指導する運動療法等により痛みをコントロールできるようになり、最終的に月一回のメンテナンスの来院、もしくはご自身で行えるセルフメンテナンスを一日約5-10分行って維持して頂くのが理想です。

 

科学的根拠に基づいた手法です

米国の州立大学での解剖学、生理学等で学んだ科学的根拠をベースに施術していきます(ストレッチ療法、運動療法)

それだけではなく日本やタイで学んだ手技も取り入れておりますが、ただ単に型を覚えるというのではなく、解剖学、生理学に基づいて有益なものだけを選択し活用しています

つまり、そこには常に科学的根拠が最優先(science base is crucial)であると考えます。お客様にも安心して整体を受けて頂く事ができるのはこのような科学的根拠に依るものです。

 

電気療法などの器具を使わず、怖くない処方です

お客様がいつでもどこでも可能な運動療法をご指導致します。

整骨院や接骨院で大きな器具を使って電気を流したり、ちょっと怖い思いをした事はありませんか?また、ジムで大きな器具を使用しないと身体は改善しないと思ってませんか?

当院では大きな器具を用いず、お客様がいつでもどこでも可能な運動療法を指導することで、身体の不調を改善していきます。安全で効果の高い処方ですし、ご自身で自宅や出張先でも不調を改善できるようになるので、多くのお客様から喜ばれています

 

スポーツのパフォーマンスアップにも有効です

多くの有名、無名を問わずスポーツ選手を見てきました。

パーソナルトレーナーとして東京、米国で活動していた時代から、多くの有名、無名を問わずスポーツ選手を見てきました。(サッカー選手、空手家、バレーボール選手等)当院の処方で可動域改善や柔軟性のアップ、バランスの向上が可能ですから、スポーツを行う一般の方(ゴルフ、ジョギング、野球、サッカー、格闘技等)のパフォーマンスアップにもとても有効です

 

効率性の高い負担のないからだづくり

怪我のしにくい、痛みの出ない、疲れにくい身体へ

前段での5つのポイントにより当院で行う手技、手法、そして診断法が、より効率の良い、負担の少ない身体へと変えていくと確信致します

つまり、怪我のしにくい、痛みの出ない、そして疲れにくい身体となるのです


 

追伸

IMG_4469

股関節の痛み、または足のしびれで、動けない自分にいつの間にかふさぎ込みがち、イライラしがちになってませんか?何でこうなったんだろうって考えてばかりでは?

いろいろ話を聞かせて下さい。今までの状況がどんなであったかあなたのこれまでの生活習慣が答えです。過度な安静は筋力の低下をもたらしますし、そうかといっても、正しい知識を身につけないと痛みが沈静化しませんし、動くこともままなりません。身体をゆるめ、筋力を”使える”状態にして、歩けて、働けて、好きな所に行ける自分を取り戻しましょう!

その為にもまずはご連絡をお願い致します。

 



 



料金

足腰の痛みやしびれを改善する整体
ストレッチマニュアルセラピー
1回 6000円 初見料 2000円

(ただしHPから申し込みの方は初見料2000円分を無料

足腰の痛みやしびれを改善する整体
ストレッチマニュアルセラピー
1回 + 運動療法 1回 8000円


ストレッチマニュアルセラピーとは

当院の処方で身体の柔軟性と筋力を高め、不調を根本的に改善していきます。一般的なリラクゼーションや整体ではアプローチできない「解剖学的見地」から、身体の状態を把握して、前後左右のバランスが崩れている部分を調整していくことで、どこに行っても良くならないコリや痛みなどの不調を改善していきます。



運動療法とは

身体の不調解決のための、安全で効果的でどこでも可能な運動処方を、指導、チェック致します。最終的にご自身で身体の痛み、不調をコントロールしていく為のステップでもあります。ですからとても重要です。


 

アクセス&地図情報

住所 新潟県長岡市希望が丘1-504-18
電話番号 0258-84-7066 / 080-3361-9643

アクセス情報の詳細はコチラ



0258-84-7066

map

お問い合わせボタン


PageTop