information

お問い合わせボタン

ホーム > 外反母趾

外反母趾

head_img_main

ハワイ最大級の日系新聞に掲載!院長の近藤が足元のケアを指導しました

ヘルモア・クチコミランキング

カラダの不調は、あなたの「足」が整っていないことが原因です。

アメリカ(ハワイ)のクリックで、現地の医師に指導をさせていただきました!

みなさま、このような症状で1つでもお困りではありませんか?

ブログ:”エクイナス”

icon_check01足がとにかく疲れて、、、

icon_check01歩いていると足(足指)が痛くて歩きたくないです、、、

icon_check01これ以上足の変形が進むのは見たくない!

icon_check01最近、膝や股関節、腰なんかも痛くなって、関係あるの?

icon_check01どんな靴が良いのかなあ、、、?

このような症状の場合、外反母趾が考えられます。

外反母趾って?

DSCF5807

足の親指(第1指)の関節(MP関節)の内側に起こる隆起です。

上の図は右足を上から見た図ですが、赤く記している所が、足の変形が起きている(隆起している)部分(第1指中足骨の内転、内反)となります。

どうしたらいいの?外反母趾の起きる原因は?

1)先細の靴、足幅の狭い靴を常に履いている方は要注意!

つねに親指の内側部にストレスがかかりやすい状態が上記で述べたような形状の靴です。

 

2)足の筋力低下、バランス力低下も考慮すべき要因です。

ふくらはぎから足裏にかけて、多くの筋肉が走行し、複雑な動きを可能にするのが足です。その複雑な動きを支える筋力が低下すると、足の衝撃吸収と推進という足の2大機能も低下します結果、アーチを支える筋肉(長母指屈筋、後脛骨筋等)も弱まり、足は(親指の中足骨)は底屈という状態になります。また、足が地面からの衝撃を吸収する動き(回内)の度合いが強すぎると、これが外反母趾を引き起こす原因でストレスが一番弱い所にかかり、親指外側が隆起(第一指中足骨の背屈、内転、)します。

DSCF5807

4)足の過度な回内(過回内)がつづく状態。

前段の3)と内容が重複しますが、回内とは本来足が地面からの衝撃を吸収する為の機能として必要な動きなのですが、この状態が必要の無い場合(立脚中期後半)でも回内の状態が続き、結果足だけでなく、膝、股関節、腰等に代償を促し負担をかける足の形状を過度の回内(過回内)と呼びます。

DSCF5702

参考までに、上の、他の足の症状や膝、腰、股関節の症例ページにも挙げている、足から腰へのねじれの関連性の図をご覧ください。

上記3つの理由に共通して言えることは、足部の一番弱い所(この場合第1指内側部)に強いストレスがかかり変形deformityをもたらし、隆起させるということです。

ではどうしたらいいのでしょう?外反母趾の治療と改善策は?

1)運動療法によりその筋骨格の機能改善を図ります。

脛骨の骨間膜や後下腿筋間中隔から始まる長母指屈筋は、親指(第一指)に付着するため、アーチの低下を防ぐうえで作用する筋肉です。また後脛骨筋もアーチの低下を予防するうえで機能を維持する必要があります

要は、アーチの低下は外反母趾を発症させる要因ですから、足のアーチ(アーチの高低)が機能する状態に足を使えるようにする(訓練する)ことが、外反母趾の改善策として有効と考えます。

また体が前傾気味で、前足部に負担がかかり、そのストレスが一番弱い部分である親指の外側部に足の変形をもたらす可能性も考えられます。

その場合、身体の裏側の機能(ふくらはぎ、ハムストリング等)をより機能させ、姿勢の良い状態に導き、前足部に負担のかからない身体の動きを構築することも重要です。

2)インソールでかかと(踵骨)を安定させ、足の親指の列(第1列中足骨)を底屈させ、結果隆起している部分へのストレスを軽減させることも非常に重要です。

3)ヒールカウンター(踵まわり)がしっかりご本人のかかとを包み、またある程度の固さもあり足幅も患部を圧迫しない靴、インソールを選ぶことにより、足部の安定感が更に図られます。

お喜びの声です!

渡辺洋子様 魚沼市

外反母趾で手術も考えましたが足の痛みがなくなり、快適になりました!

外反母趾があり、病院では手術を勧められていましたが、手術しないためにも、良い方法はないかと思案してました。

こちらが足を考えた施術をすることで伺うことに決めました。

初回で足の動きが十分でない、との指導を受けました。施術を受け、以前より足の痛みがなく、毎日快適に過ごすことができていますし、教えられた指体操等今でも運動は欠かせません。また履物の選び方、インソールなど知らなかった事柄が多く、よかったです。

自分の体もまだまだ変わるんだとつくづく思いました!

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

KYさま 女性 50代 長岡市

足・姿勢がスッキリ健康的で明るくなってきました!

 

外反母趾のため、親指の付け根部分が痛み、靴を履くことができず、かかとを踏んで白状態でした。足全体、腰、背中まで痛み疲れやすく仕事に支障をきたしている状態でした。

 

どこに行こうか調べたところ、こちらが評判が良く選びました。

施術自体はとてもソフトです。姿勢、歩き方、家でできる動作を教えていただき、とても丁寧な説明で、楽しく、家でも実践して足と体が徐々に軽くなってきました。

 

姿勢が前のめりで、偏平足であるため、私にあったインソールを紹介され、どんな靴が良いかも教えていただき、姿勢、歩き方を指導された通りに意識するようになると、体がスッキリして健康的で気持ちも明るくなってきました!

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

推薦文をいただきました!

近藤先生の提唱する足元からの調整は科学的にも理にかなっています。

ホノルル聖ルカクリニックの医師 Seiichi Nakamura氏

nakamura-nurse-practitioner

近藤先生の提唱する足元からの調整は科学的にも理にかなっています

また、米国の大学での専攻科目の修得はとても難しく、卒業学位のあることは強力な信用です

当クリニックでも歩行不全、膝痛、腰痛、股関節痛等の患者向けの指導して頂き、患者への有効性が顕著に認められています。

日本でまだなじみの無い歩行分野での啓蒙もミッションとしている近藤先生の処方を強くお勧め致します。


 

これだけの実績と技術力がある先生は、正直、なかなか出会えません。

関西自律神経協会 関西技術顧問講師 大阪支部長 平井大樹先生

関西自律神経協会の平井大樹先生

私は、大阪で整骨院を経営しながら自律神経協会の関西技術講師をしています。

近藤先生は、日本ではほとんど進んでいない歩行学や足病学を海外で学び、ハワイのクリニックで運動指導、マニュアル作成、監修もされた実績があります。

これだけの実績と技術力がある先生は、正直、なかなか出会えません。

人柄も素敵な先生です。安心して通ってくださいね。


 

足元から診断調整をしていくのでその効果の高さを実感できる。

柔道整復師、鍼灸マッサージ師 三鷹ハートフル訪問マッサージ
院長 久保田泰博


近藤先生は、海外でも解剖学や生理学等を学ばれ、一人ひとりの患者さんをじっくり診てくださる先生です。足元から診断調整をしていくのでその効果の高さを実感できると思います。また、治療に対する哲学をしっかりお持ちで真剣に患者さんのことを考えられていることが話される内容からも伝わってきます。いつも勉強熱心で、日々の向上心を忘れることのない、数少ない先生だと思います。痛みに悩むときだけでなく、トレーナーとしてあなたの日々のコンディショニングのためにもぜひお勧めします。きっと地元にこんな方が戻って来てくれて良かったと思わせる先生ですよ。

 

選ばれている6つのポイント

人間の身体の根底である足から診る診断で根本から改善します

人間が二足歩行である以上、身体の改善は足から見ないといけないと思いませんか?

 

家を建てるときに土台が安定していないと2階、3階はますます不安定になりますよね。それが人間なら膝、腰、肩、頭となるわけです。

歩行チェック、身体動作チェック等を行い、的確な診断、精度の高い整体を行いあなたの土台から変えていきます。一切揉むことなく、ストレッチ療法、運動療法、徒手抵抗療法で膝痛、腰痛、肩こり、足でお悩みの方、可動域制限、事故障害等の痛みを改善していくと同時に、お客様の姿勢を改善していきます。つまり、私の整体により痛みの起きにくい効率の良い身体を作り上げていくことになります。

 

最終的にご自身でセルフメンテナンスできるようにご対応

将来的にお客様にセルフコントロールできる身体にしていただくのもポイントです。

つまり当初の痛みが0から10(0が何も痛み無く、10が最悪の場合)その痛み具合を最低2-3まで改善させる。もしくは理想の動きになるまで改善させていきます。

改善具合はお客様の個人差によりますが週一回を5回-10回のペースで通院していただき、その間にこちらから指導する運動療法等により痛みをコントロールできるようになり、最終的に月一回のメンテナンスの来院、もしくはご自身で行えるセルフメンテナンスを一日約5-10分行って維持して頂くのが理想です。

 

科学的根拠に基づいた手法です

米国の州立大学での解剖学、生理学等で学んだ科学的根拠をベースに施術していきます(ストレッチ療法、運動療法)

それだけではなく日本やタイで学んだ手技も取り入れておりますが、ただ単に型を覚えるというのではなく、解剖学、生理学に基づいて有益なものだけを選択し活用しています。

つまり、そこには常に科学的根拠が最優先(science base is crucial)であると考えます。お客様にも安心して整体を受けて頂く事ができるのはこのような科学的根拠に依るものです。

 

電気療法などの器具を使わず、怖くない処方です

お客様がいつでもどこでも可能な運動療法をご指導致します。

整骨院や接骨院で大きな器具を使って電気を流したり、ちょっと怖い思いをした事はありませんか?また、ジムで大きな器具を使用しないと身体は改善しないと思ってませんか?

当院では大きな器具を用いず、お客様がいつでもどこでも可能な運動療法を指導することで、身体の不調を改善していきます。安全で効果の高い処方ですし、ご自身で自宅や出張先でも不調を改善できるようになるので、多くのお客様から喜ばれています。

 

スポーツのパフォーマンスアップにも有効です

多くの有名、無名を問わずスポーツ選手を見てきました。

パーソナルトレーナーとして東京、米国で活動していた時代から、多くの有名、無名を問わずスポーツ選手を見てきました。(サッカー選手、空手家、バレーボール選手等)当院の処方で可動域改善や柔軟性のアップ、バランスの向上が可能ですから、スポーツを行う一般の方(ゴルフ、ジョギング、野球、サッカー、格闘技等)のパフォーマンスアップにもとても有効です。

 

効率性の高い負担のないからだづくり

怪我のしにくい、痛みの出ない、疲れにくい身体へ

前段での5つのポイントにより当院で行う手技、手法、そして診断法が、より効率の良い、負担の少ない身体へと変えていくと確信致します。

つまり、怪我のしにくい、痛みの出ない、そして疲れにくい身体となるのです。


 

追伸

IMG_4469
外反母趾は放っておくと、症状が更に悪化し、膝、股関節、腰等、他の部分にも悪影響を及ぼします。痛みがひどくなる前に、そして足の変形がひどくなる前に是非一度お来しください!



 



料金

足腰の痛みやしびれを改善する整体
ストレッチマニュアルセラピー
1回 6000円 初見料 2000円

(ただしHPから申し込みの方は初見料2000円分を無料

足腰の痛みやしびれを改善する整体
ストレッチマニュアルセラピー
1回 + 運動療法 1回 8000円


ストレッチマニュアルセラピーとは

当院の処方で身体の柔軟性と筋力を高め、不調を根本的に改善していきます。一般的なリラクゼーションや整体ではアプローチできない「解剖学的見地」から、身体の状態を把握して、前後左右のバランスが崩れている部分を調整していくことで、どこに行っても良くならないコリや痛みなどの不調を改善していきます。



運動療法とは

身体の不調解決のための、安全で効果的でどこでも可能な運動処方を、指導、チェック致します。最終的にご自身で身体の痛み、不調をコントロールしていく為のステップでもあります。ですからとても重要です。


 

アクセス&地図情報

住所 新潟県長岡市希望が丘1-504-18
電話番号 0258-84-7066 / 080-3361-9643

アクセス情報の詳細はコチラ



0258-84-7066

map

お問い合わせボタン


PageTop